micchann diary

micchannの日々のブログ(だった)

月別: 2011年4月

気を取り直して

いろいろご心配おかけしました。とりあえず、今は落ち着いてます。

しかしまたどうなることか。まぁその時考えよう。

micchann.comをずっと居間に置いていたのが、うるさいということで急遽玄関へ。
それはいいんだけど、玄関と、居間にある無線LANのアクセスポイントの間の距離が結構あるのが難点。
まがりなりにもサーバーということで、あまりとぎれとぎれになる接続は好ましくない。

ということで色々と配線をいじる。
実は住んでるマンションにはISDNと書かれた謎の配線がある。これを使えないかと色々模索。
とりあえず差してみる。だめ。
と、知恵袋あたりで似たような記事を発見。それによると、「ISDNは4567ピンを、LANは1236ピンを使っている」とのことらしい。
となれば、これを変換するようにケーブルを細工すればいいんじゃね?ということでRJ45コネクタを買ってくる。コネクタだけのくせに10個入り400円。そもそも10個もいらない。
そして、繋ぐための専用工具?そんなんペンチとドライバーでなんとかなるだろ。

ということでケチケチ帰宅。早速持っていたケーブルの先端をニッパーでパチン。
12と45を入れ替えてコネクタを接続して、マイナスドライバーで金属端子を一つ一つ押し込む。ううむ、なかなか難しい。
そして、見た目はガタガタだけど、それらしくはなった。
同じようにもう一つ作る。
そして接続。

つながった!

ということでなんとかなりました。こんな記事参考にする人いないと思うけど、備忘録ということで。
あ、カテゴリー5ですよもちろん。6とか7とかはわかりません。

全然関係ないけど、ジブリの主題歌集のCD買ってほくほくしてます。かんとりろぉーーーーーーーーど

ついにきたか

来るべきものがきてしまう時。
まぁわかってはいたけど、いざそれを目の当たりにした。
そういう時こそ、いろんなことが試される。
試練なんて、本当はないにこしたことはない。
試練を乗り越えて得られるものがあるのであれば、その試練がなくても得られるよう普段から努力すべき。
しかし、試練が来たのであれば、なんとかしてそれをのりこえ、じぶんの糧にしなければ。それが経験。
想定外?いや、今回はむしろ想定通りなんだから。くるべきものが来たということ。
ペンだけ送らせてもらいます。捨てるのは勿体無い。しかし、使い続けたくない。自分で処理してください。他のものも捨てようと思います。服も、思い出も、憎しみも。
1から出直したい。しかし、マイナスからのスタート。
原発じゃないよ。

月日は百代の過客にして

いつの間にか月日がたっています。

いろんなことがあってから、たくさんの時間が過ぎています。
あれだけ楽しかったこと、あれだけ苦しかったこと、それからこんなにも時間がたったのです。
その時間のなかにも、また大変なことがおこったり、人生の節目があったり、そしてそこからもまた時間は過ぎていってます。

周りが年上に囲まれている中でこんなこと言うのもなんだけど(笑)、やっぱり年くってきたなーと。
気付いたらあと半年で28。子供のころの28のイメージは、結婚してて子供ができたくらいだったんだけど。気配なし。
メンズの結婚の平均年齢は30歳くらいだというニュースを昔聞いて、遅いなーと思っていたけれど、まぁ越えるな。

日に日にどうも自分の進む道を見失っているような気もする。それでも前進と言えるのだろうか。
とらえ方の問題ではあると思う。しかし自分の感覚では、今は停滞しているし、今後どんなことがあっても「あの時も結局前進していた」という感覚にはなれないだろう。

と、こうしてウダウダなんか書いているなら前進することすればいいのにね。

ばしょーさんみたいに旅に出ようかということでタイトルにしてみました。そんな時間はない?いやいや、作ろうと思えばあるんです。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén