micchann diary

micchannの日々のブログ(だった)

月別: 2006年11月

ばんえい競馬

ついにばんえい競馬も廃止になってしまうようで。
ばんえい競馬とは、農耕用の馬に500kgを超えるような台車を引かせて、200mくらいの距離で競争するという、なんじゃそりゃ!的な競馬。
帯広にいるときに一回だけばんえい競馬を見に行ったことがあって、1レースだけやりました。これが、見ていて面白い!
まず、200mしかないコースをちんたら走るので、普通に馬のスピードにあわせながら移動できる。そして、馬が途中で休む(笑)というのも、途中に山みたいなのが2つあり、その2つ目の山を越えるのがものすごく大変なのですよ。えいや、えいや!って感じで登っていって、途中ずるずると足をすべらせながら登っていくんです。そのために途中で休むんですな。
そんなわけで、普通の競馬とはまた違った駆け引きがあって面白い。そして、まったく予想ができない!その時はオッズのみを見て買ったもののあえなくはずれ。たしか馬単万馬券になってて同期が当たってました。っていうか、締め切り前5分でオッズがものすごい変動するんだもんねあれ(笑)まぁそれだけ買っている人が少ないんでしょうな。
残念ながらなくなってしまうようです。映画化もしたのにな。下はそのときの写真。面白そうでしょ。

VFR NAVIGATION

僕らは今、訓練はVFRで行ってます。有視界飛行方式。つまり、視界のないとこ(雲の中とか)は飛んじゃいけませんってことです。
もうすぐ、NAVIGATIONのC’Kがあります。NAVIGATIONとは、他空港へ行く訓練のことです。九州は、長崎、佐賀、熊本、大分、鹿児島、種子島、あともちろん宮崎(運がよかったりすると屋久島や高知や松山まで行ける)の各空港へ行きます。
んでもって、さっきのVFRといまのNAVIGATIONをくっつけると、VFR NAVIGATION、通称V-NAVってやつになります。
V-NAVは、基本的には自由に経路を組んで自由に飛ぶ(多少の制限はありますが)ことができます。ということで、今日はこの辺通ろうかなーとワクワクしながら計画していざ飛んで行くと、そう、邪魔者のあいつがいるんです。雲ですね。
雲の中に入ると(厳密にはある一定以上近づくと)、航空法違反です。ペケ。前科もんにはまだなりたくない。まだ、というか一生なりたくない。
というわけでよけるんです。上行こうかな、下行こうかな、左右によけようかな。
上によけた!飛んでいったらずーっと下雲だらけ!降ろせない!
下によけた!あ!目の前に山が!
左右によけた!あれ?いまどっちに進んで行ってるんだ?ってかここどこだ?
と、まぁこうなるわけなんです。実際にはこうならないように、地上で障害物の高さを調べておいたり、当日の気象を解析して、雲に隙間があるか事前に判断しておいたり、左右に◎度で△秒よけて飛んだから、今度はその逆に◎度振って△秒飛べばもとのコースに戻れるな、とか考えたりするわけです。
でもまぁ、雲というものはいろんな姿形をしているのもので、その判断がなかなか難しい。もちろん、もう無理!と判断して引き返すというのも選択肢にあって、これは今後実際にお客さんを乗せて他空港へ飛び立った場合に、そのお客さんにも迷惑かかるし、まさかお金を取るわけにはいかないから会社にも負担をかけるし、でも安全や法律には替えられないし・・・・。と、決断を迫られることになるんですわ。
V-NAVに対してIFR NAVIGATION、こちらは管制官が常にレーダーなどで自機の位置を把握してくれていて、その指示に従って飛びます。こちらは雲に突っ込んでも大丈夫(積乱雲などはもちろんよけますが)。IFR-NAVは僕らは仙台の後半の課程でやることになります。
NAV C’Kが終わると、V-NAVはおそらくもう一生やらないでしょう。ちょっと寂しいですな。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén